スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
また帰国しています
- 2011/07/12(Tue) -
6月の終わりに学校の春学期が終わり、夏休みに入りました。

そして、念願の帰国!で、今日本におります。

また!?って感じですが、前回の引率は急にアレンジされたものだったので、
本来夏休みのこっちに、帰国しようと思って予定を立てていたのがホントです。
自分の時間も取れるのし、楽しみ!と思っていました。

でも暑い!暑いよ、東京・・・!
熱中症に注意、と思って行動してたけど、結局体調を崩したりしてしまいました。

節電の影響で、というより、もうなんていうか、暑いよね、夏は。
むしろ節電は良いかも。デパートのあの冷蔵庫みたいな冷え具合は無くなったので、
体が楽な気はします。

先日行った四谷の坊主バーのトイレに「夏あつい、冬さむい」と張られていたのを見て、

そして、かき氷屋さん(ほんとは蜂蜜屋さん)のご主人に、「その場の環境を楽しむのが人生を楽しむコツだ」とか教えて頂き、デンマークには無い暑さを楽しんでみようと、考えを変えました。
あと数日しか残ってないけどな。

前回も来たけれど、今回も新しい発見があったので、
自宅に帰ってきたら、また写真入りでレポートします。

それから、梅シロップのお兄さん、これ見てたら是非ご連絡下さい。
この記事のURL | 非・日常生活 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
日本ツアー おまけ
- 2011/06/18(Sat) -
ツアーの最後に。印象に残った物を少し。
ていうか、食べ物ばっか。すみません。

おいも。
japan300imo.jpg
「ブラックタピオカドリンク 300円」につられて、ふらっと入ったご飯屋さん(夜は居酒屋になるっぽい)。すごくローカルな感じだった。学生も一緒だったので、「どこから来たの~?」に始まって、カウンター越しにお店のお母さん(そう呼びたい感じ)と話をした。

久々に日本に帰ってきた、和食はやっぱり良いですね、等と言うと、「あ、おいもの煮っころがし食べる?」と出して下さった。煮干しから取られた出汁が効いて、味も染みていて、滋味深い。しかも、お芋も自家製。

「おいしー おいしー」しか言えなかった私は、テレビの「なんで”おいしい”以外の言葉が出て来ないのかね」というタレントと大して違わなかった。

お母さんの優しさも染みました。ご馳走さまでした。
今度帰ったらまた行きたい。他のお料理もおいしそうだった。




アイスプラントとかソルトリーフとかいうらしい。
洗いたて!に見えたのだが、透明のビーズみたいな水泡がぴっちりついている。拭っても取れない。こういうものらしい。
japan300isplant.jpg
近年、スーパーでも見かけるようになったエジプト産の野菜とか。初めて今回のツアーで見て、後で自分でもスーパーで買ってみた。
食感が不思議。すごく好みだった。サクサクしている。そして、水泡の部分はちょっと酸っぱい&しょっぱい。多肉植物みたいだけど、サボテンとか他の多肉植物もこんなサクサクなのだろうか。

そろそろ洋食が食べたい!というデン人達と一緒にイタリア料理屋に入ったら、なんか地元に根付いてそうなイタリア料理屋。
ここで出てきたバーニャカウダのてっぺんに乗ってたの。
お店の人に聞いたら「あいすぷらんと」と。え?何??

やー、面白い。塩水を含んだ水泡を表面に作る野菜らしい。
元々海の潮風にあたって塩分を蓄えるようになってるのだが、ここで出してるアイスプラントは海の無い地元で育ててる野菜なため、塩水をあとで扮霧してるそうな。

ちなみに、アイスプラントに限らず、このお店ではほとんどの野菜が地元のものだった。地産地消、いいですな。





宿泊したホテルの目と鼻の先の飲み屋での海ぶどう。
今まで食べた中で一番美味しく感じた。
シソドレッシングがとても合う。今まで醤油でしか食べた事無かったけど。
japan300umibudou.jpg





今回のツアーは、震災後の東京だった訳ですが、出掛ける以前に何人かの方から聞いていたように、ぱっと見東京はほとんど変わらない感じがしましたけれど、短期間の滞在でも影響を感じさせる事はいくつかありました。

電車の車内は、電気消してあるのも、車内アナウンスがあるまで全然気づかなかった。
むしろこれで良いんじゃないの?目に優しい感じがするよ。

食べ物屋のメニューが多かったけど、「福島産野菜使用」とか、色んな場所で「東北応援キャンペーン」を見ました。草の根的かもしれないが、我々も少しでも。
japan300restaurant.jpg




ツアーの最後、成田空港で。日本酒の試飲に群がる、うちの人達。(結局買ってた)
japan300narita.jpg



私にとっては初の帰国でありましたが、慌ただしく終わった日本ツアー。
でも、デンマーク人と一緒だった分、個人で帰るのとはまた違う面白さも感じる事が出来た旅でした。


だらだらと長く続いてしまった日本ツアーの記事、お付き合い頂きましてありがとうございました。
この記事のURL | 非・日常生活 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
日本ツアー3 鎌倉(ちょっと江ノ島)
- 2011/06/17(Fri) -
日本ツアー第3弾は、今回の旅も終盤、鎌倉遠足です。
今回は私の日本のお友達も一緒に来てくれました。

江の電乗り場。
もう”並んで待つ”をマスターした人達。
japan250kamakura1.jpg

まず鎌倉に来たら、鶴岡八幡宮でしょー。我々も行きました。
途中、参道にて。
japan300kamakura3.jpg
他にも屋台あるのに、なぜかこんぺいとうにデン人鈴なり。


japan250kamakura2.jpg
自分でブレンドするシステムが、ちょっとデンマークのお菓子屋さんぽくてほっとするのだろうか?


なんか、知らないおじさんからお手紙をもらったらしい。
私は英語あまり読めないんだが、なんか、文通しましょう的な事が書いてあるみたい。
デコが素晴らしい。
japan300kamakura.jpg


お参りを済ませて帰ってくる途中、小学生にたかられる。
「サインプリーズ」とか言いまくって握手している。
japan300kamakura4.jpg
こっちの子らも、最初は戸惑っていたものの、あまりのモテモテぶりに、まんざらでもない様子。
なぜサインを欲しがるのか分からないので、なんで?なんで?と私に聞いてくる。
最初は「外国人珍しいから~?」とか答えてみたけど、
今日日さすがにそれはないでしょう・・・。適当に答えんな、自分。

サインをもらってる輪に近づいてって、よくよく小学生の差し出すサイン帳を見ると、
”ここに外国人のサインをもらってこよう!”と書いてある。


・・・あー、そういう課題なんだ。ごめん、別に興味本位でサインくれっていうんじゃなかったみたい。
あと、ほとんどの子はサインしか希望しなかったが、中には長ーい質問用紙(”どっから来たか”とか”なにしてる人”だとか)を持ってる子もいる。
japan300kamakura5.jpg


課題をクリアしようと一生懸命の子供達。
でも、ちょっと往来の迷惑になったりしていないかとはらはらしてしまう。
japan250kamakura5.jpg
先生、何かもっと良い方法無いんでしょうか。


でも、道ゆくおいさんとかも微笑ましく見てるようだから、ま、良いんでない?
japan300kamakura6.jpg


デン人の側で写真撮ったりしていたせいか、私にも「サインプリーズ」と来てしまった。
めちゃくちゃ見た目日本人じゃろうが!おい!! もしくは、試しに言ってみただけか。
何か面白い事言った方が良いんじゃないかと思ったのだが、
咄嗟に良い考えは浮かばず、一応私なりの英語で「アイムジャパニーズ ソーリイ」と答えてみた。
「あー・・・」とがっかりしちゃった小学生。
でも、私の英語だったとは言え、言った事が理解出来るなんてすげえ!!
私は小学生で英語なんてさーっぱりだった。


お昼はお好み焼き。大所帯なので、お座敷貸し切りとなった。
japan250kamakura7.jpg
お好み焼きは知名度高く、食べたい子がたくさんだったので良かった。受け入れられやすいのかも。生ものじゃないし、パンケーキみたいだし。(でも、もんじゃもあった。)
あと、各テーブルに日本人のお友達たちがいてくれたので、焼き方を知らないデンマーク人に色々教えてくれて助かった。どうもありがとう。

鎌倉の次は江ノ島にも行ったのです。

でも、結構疲れてたので、とりあえず頂上まで登って、降りて帰ってきた。
でも途中で「シラスソーダ」というものを飲んでみました。シラス成分が入ってるのか?でも幸か不幸か良く分からなかった。


江ノ島には猫がいっぱいだった。そして、やっぱり色んな人が来るから慣れてるのね~。
japan300kamakura8.jpg


心のこり。
小田急線の鵠沼海岸駅を降りると、すごくおいしいかき氷屋さんがあります。
天然氷を使っててほんとにびっくりするおいしさ。でも、行かれなかった・・・。

あと、鳩サブレも買いたかった(食べたかった)。でも買えなかった・・・。
この記事のURL | 非・日常生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本ツアー2 渋谷
- 2011/06/12(Sun) -
日本ツアー第2弾は東京都心です。
一日で、原宿~明治神宮~代々木公園通って~渋谷~新宿までまわる、というハードな日でした。平日で良かった・・・。それでも大変でした。

竹下通りから始まったこの日。私はここでの自由時間中に、いきなり通り内の100均ショップで大量に買い込み、それを持っての移動となった。(ここで買わなきゃ、次に買いに行けるチャンスが無いと思った。)

明治神宮では、お社まで日陰の涼しい道で快適。
スーパーのでかい袋を2つ下げて参道を歩く”買い物のついでにお参りもしていこう”的なおばちゃん(私だ、私)を見かねて、生徒の子が1つ自分のリュックの中に入れてくれた。引率かっこつかず。でも助かった、手が痛かったんだ、もう。

ちょうど明治神宮では結婚式を二組やっていて、女の子達「きれ~い」と釘付け。私達も結婚式しなかったけど、ちょっと白無垢って素敵・・・と思って見ていた隣で夫が一言。
「お嫁さん頭おっきいね」




明治神宮って、結構警備の人や巫女さんがなんかピリピリしてて怖かった。観光スポットでもあるんだろうし、築地市場みたいにマナーの悪い外国人も多いのだろうか。

そんな中、「絵馬を書きたい!」と言う女子数名。じゃあ、一緒に買ってきましょう!と私含め女子組(さっき自分でおばちゃんて言ったばっかりなのに)でいそいそと社務所へ。買ってきた絵馬に、備え付けのサインペンで色々書いていると・・・


お掃除中だったと思われる巫女さんが急に止まった。こっち見てる、見てるよ~。
japan250jingu.jpg
大丈夫ですよ、普通に絵馬書いてるだけですよ、ちゃんと日本人見守ってますからこのグループは大丈夫ですよ!
と、テレパシーを送ってみる。

私のテレパシーが通じたのか、何も言われる事無く無事に明治神宮でのお参りを済ませる事が出来た。

そして、一行、代々木公園を通って渋谷へ向かう。
ああ、平日昼間なのに、渋谷は人が山盛りだ。もうちょっと帰りたい。

渋谷ハチ公前から109を横手に見つつ道玄坂をあがり、ホテル街を横切って文化村通りの方へ。そこからセンター街に移り、タワーレコードへ向かうというルート。

迷路のようなホテル街の中で、先頭を夫、私が最尾で生徒を挟む、という感じで歩いていた。生徒達も「へ~、Istedgadeみたい」と面白がって、最初は順調だったのだが、そのうち先頭が方向を失い、目的地と全く違う方向の細い路地を進み始めてしまった。駄目だ、このままではリングワンダリングしてしまう可能性がある!

最尾にいた私、スーパーの袋持って(そう、100均のやつな)先頭へ走る!
「隊長!あすこに東急渋谷店のビルが見えますので、この道を行くと文化村とは逆方向であります!」
こうして、私の早めの判断により、一行は遭難を免れ無事に文化村へたどり着いたのであった。(妄想劇場)

う~ん、私だってたまには役立つところを見せておかなければ。私が足が短いから列の一番後ろにくっついてる訳じゃないんだから!(でも、生徒達きっと何も考えてない。)

ちなみに、タワーレコードに行きたい、と渋谷についてから言っている子達がなんかすごく多かった。パヒュームのCD買うんだ!とか。なんか良く知ってるなあ。みんな初めてだろうに。

これはセンター街付近にあったまんだらけという漫画関係専門の古本屋?(の入口)。地下だったこともあり、私は暗所・閉所恐怖症の気があるので、惹かれたが行かずに外で待っていた。
手塚作品のキャラクターがいっぱいだ。(と思ったら水木しげるタッチの人もいますが。)
japan250shibuya.jpg

その間、同じく一緒に待っていたLくんと、”チョコクロ”美味しそう~とか、自由時間に何を食べようか等と立ち話していた。Lくんは食に対してとてもチャレンジャー。同じく、私も始めての味でも色々食べてみるのが好きなので、話してて楽しい。

そんな時に見つけたこの看板。
japan250shibuya2.jpg
「24時間ソフトアイス食べ放題だって」
「危険、すごく危険。行っちゃ駄目だね、これは」


でも、その後の休憩時間で、さっきぐるぐる街をまわってた時にLくんが見つけた、”アボカドアイス”を食べようということになった。アボカド大好き、でかしたぞLくん!!夫と他の学生何人かも一緒に、行きましょう行きましょう。

これです。ジャーン。
japan250is.jpg
でも、残念ながら期待し過ぎたのが良くなかったのか、味は微妙だった。Lくんも同じだったぽい。
それよりも、同じエリアで食べていた、お酒で男の人をお接待する系のお店で働くと思われる女の子と、彼女を勧誘したくて頑張っているにいさんの会話が大変興味深かった。
にいさんにおごらせて、しっかりアイスを食べているが、にいさんの勧誘をのらりくらりとかわす彼女。うう~ん、女の子やるなあ。しかも、ちょっと兄さんの話が危なそうな方向になってきていた。
そんな事が「渋谷っぽい」とかちょっと新鮮に思いながら、知らない世界の話に耳をダンボにしてアイスを食べる私と夫であった。


でもやっぱり渋谷の人の多いエリアは、久しぶりに行くと苛々してる人が多い感じで怖いです。
この記事のURL | 非・日常生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本ツアー1 登山
- 2011/06/09(Thu) -
お待たせしました。日本ツアーレポートです。
半年に一回行われる学校の日本への修学旅行、毎回東京の名所や柔道・空手などの練習体験などをします。


まずはこの写真を。
japan250kinai.jpg
機内にて。一席ごとに配られる毛布をマントに廊下を飛ぶ、Marvelコミックス好きのC氏(生徒)。10時間越えの退屈な機内でも小さな楽しみを忘れない事の大切さを教えて頂きました。有難う。心に留めます。


そして、空港からのバス内にて。「東京タワーだ、本物だ!」と若者達大喜び。良いよね、旅行っぽいよね。そういや、なんか今新しいの出来てるんでしょ?その「スカイツリー」が見当たらない・・・。案内係なのに最新の情報が活用出来ていない私。
japan250tokyotower.jpg


さて、毎回のツアーの目玉とも言うべきイベントの1つ。それは何か。
登山です。山の無いデンマークから来た人には、大変興味深いものらしい。
(まあ、今回山だらけのノルウェーから来た人もいるんだけど。)
今回は到着して翌日。着いていきなり山登りか~。ハードだな~。


都心からも気軽に行ける、神奈川県の大山(おおやま)に毎回登ります。「片道1時間半くらいだけど、甘く見てはいけないよ」と夫から聞いていた私。軽く緊張。まあでも、小中学校の遠足でも行くような山って聞いてるし。
へーきでしょ。


山の最寄り駅からバスで登山口(正確にはロープウェー乗り場)へ向かう。
japan300oyama1.jpg
普段外国人なんてほとんどいないであろう、ローカルな駅に20余名のガイジン集合。バスに乗ると3分の2がうちの人達。
他の乗客の方に、ちょっと距離を取られてます。


終着駅がロープウェーの駅。
夫の「最低500ミリペットボトル3本は水ないと駄目だよ。山頂着くまでに死ぬよ。この先あんまり水買える所ないし、あっても高いから出来るだけここで買った方が良いよ。」という言葉に、皆自販機に群がる。
私と夫も合わせて8本買いました。
japan300oyama2.jpg


ロープウェー乗り場付近にて。
japan250oyama3.jpg
生徒「クマ!?クマ出るの、ここ!?もし出会っちゃったらどうすれば良い!?」
私「えーと・・・とりあえず、止まる、かなあ・・・?」
生徒の不安顔、収まらず。頼りにならなくてゴメンネ。


大丈夫。他にもたくさん登ってる人いるし、通常の登山道登ってたらきっと何も起こらないよ。
(でも、蛇はいた。マムシではなかったけど、なんでしょう?)


ふもとの神社でお参りをして、登り始める。
うそ~、いきなりこの階段~?いじめ~?おばちゃんもうくじけそう。(もっと年配の方ガンガン登ってる横で。)
japan250oyama4.jpg


なんかずっとこんな石ごろごろの道。石ごろごろしてる上に、急なかなり高い階段状になっているので、足の短い自分は登るのが大変。こないだテコンドーで蹴られた膝が、もう治ったと思ったのにまた痛え。
(ちなみに前回登山した時、ビーチサンダルで登ろうとした輩がいたらしい。さすがに無理じゃろ?カジュアル過ぎじゃろ?)


japan250oyama5.jpg
途中、色んな中高年の方が我々に声をかけて下さる。
「頑張ってね~」とか「今日は一体何?外国の方たくさんで」とか「ゆっくり小幅で登ると疲れないで上まで登れて良いよ」とか「あたしもう70越えてるんだから、若いあんた達もっと頑張りなさ~い」とか。数人の方とお話ししてて分かったが、70代の方結構多い。負けられないぜ。


あと10分!頑張ろう。。
japan300oyama5.jpg
日本語の授業とってる子達は、この片仮名の”ガンバレ”が理解出来て、「わー、ほら、頑張れって。」と、なんかさらに喜びひとしおだったぽい。教科書とかネット以外のナマの日本語触れるの初めてだもんね。分かるわ~その気持ち。

色んな方に励まされ、喘息持ちでかなり登るのが大変だった子もいたけれど、全員が登頂出来た。
japan300oyamaue.jpg


「登りだけでこんなに水を飲みました」
japan300oyamamizu.jpg



下りの方が大変。危ない。転ぶ人続出。
japan250oyama7.jpg


大山は豆腐やこんにゃくも有名だそうで、ふもとのお店ではそれらを売っているのが多い。せっかくだからお豆腐食べましょう。「豆腐懐石御膳」みたいなのを食べる方達。
japan250oyama8.jpg
「へ~豆腐って色々出来るんだね!おいしいね~」

私達が入ったお店は家族経営のところらしく、おじいちゃんが「へ~お箸使うの上手だねえ」と見にいらっしゃる。しかも、お店の方のご好意でお土産に「豆腐かりんとう」というのも頂いてしまった。
帰ってきて、みんなでおいしく頂きました。ありがとうございました。


下山してきてホテルに戻り、一休みして夕方、泊まっているホテルの近くのブックオフへ皆で行く。夫に聞くと、漫画とか安く買えるので学生達連れてくと喜ぶらしい(確かに皆かなり長い事店にいた)。

外国人が列なして、ブックオフに向かうっていうのもちょっとレアだなーとか思って、一枚撮ってみた。
japan300bookoff.jpg

私は案の定翌日筋肉痛(というか、膝痛)に悩まされた。私より運動とかなにもしてない夫がケロッとしていたのが大変悔しい。後で支障が出た(←私だけな)この登山でしたが、色々な方の優しさに触れた、良い体験でした。

この記事のURL | 非・日常生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。