スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今日の芳香浴
- 2011/03/05(Sat) -
ホーリーフとマンダリン。同量で。さわやかでいい感じ。

希少になってきたローズウッドの代用にもなるという事で近年出てきた(らしい)ホーリーフ。でもやっぱり、ローズウッドの方が好きなんだよな・・・と使う頻度が低かった。

他に何か良いブレンドあったら是非教えて下さい!
この記事のURL | 個人的アロマテラピー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
化粧水手作り
- 2011/02/19(Sat) -
デンマークに来てなんとなく化粧水を手作りするのが習慣になった。きっかけは日本でアロマの先生にもらったイギリスのアロマブランドの化粧水。ふと原材料を見ると、なんか作れそう、という事でやってみたら便利。デンマークにある材料でも作れるし。

使っている化粧水が合わない方、オススメです。
ただ、防腐剤が入っていないので使用期限に注意。私は大体1週間弱で使い切る量にしています。50mlくらい。

容器に、小さじ1くらいのグリセリンを入れ、そこに好きな精油を1滴。よく混ぜたらローズ水を入れて更に混ぜる。で、できあがり。精油は私の場合はゼラニウムやラベンダーがよく合いました。フランキンセンスもいい感じだったけど、香りの面で考えるとローズ水よりネロリ水の方が合うかなあ。ローズ水の他にアロエ水もブレンドしても良いと思いますし、グリセリンも好みで量は調整出来ます(ベタベタするので、あんまり入れすぎない方が良いと思う)。あと、まだこれは試してないんだけど、ちょっと重曹を入れると「拭き取り」用の化粧水になるそうです。

ゼラニウムは本当に良くて、肌の調子も良くなった感じがします。
この記事のURL | 個人的アロマテラピー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エタノール
- 2011/02/13(Sun) -
日本にいた頃から趣味でやっているのがアロマテラピーです。
香りのブレンドの奥深さや使った時の穏やかな効き方が好きで、はまっています。

こっちに来ても専門店を見つけたので色々作ったりしています。とはいっても、あまり大した物を作っている訳ではなく、無香料のシャンプーに精油をちょっと混ぜるとか、冬の間だけ手があかぎれてしまうので、それ用のクリームを作るとか、そんな感じです。

私のアロマの先生である友人は、イギリス留学してセラピストの資格を取って来たのですが、「イギリスはやっぱりオイルが日本より安かった~」と聞いて、この国にも期待していました。実際安い。やーここに来て良かった、と思いました。

そしてこの間、面白い体験をしました。

掃除のためのスプレーが作りたかったのですが、エタノールが必要。日本だと薬屋さんで普通に「無水エタノール」買えますよねー。
私も薬屋さん(マ◯キヨみたいなドラッグストアチェーン)行って、「エタノールあります~?」と店員さんに言うと、相手は???という表情。「何に使うの??」と不信そうに尋ねられた。アロマのスプレーに使う事を説明すると、「そういうのは処方箋が無いと・・・しかも薬局じゃないと買えないんじゃないかしら」の返答。へーそんな大変なんだ。
なんか、ちょっとインターネッツで調べたら、ヨーロッパ内では他の国でもそういうとこ多いらしいんですね。劇薬とはいかないまでも慎重な扱いになっているというか。無知でした(笑)。

ウォッカでも代用出来るので問題なかったのですが、ちょっと新鮮な体験でした。

今後、デンマークでの自分的アロマテラピーについてもまたちょこちょこ書いていこうと思います。

この記事のURL | 個人的アロマテラピー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。