スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Bonsai Night! Yeah!!
- 2011/03/10(Thu) -
今夜は楽しみにしてた盆栽ワークショップです。日本でやっていた訳も無く、初体験です。
今学期の生徒の中に盆栽のお店を持っている方がいるのですが、彼が希望者を募ってこのワークショップをアレンジしてくれました。そんなHさん、今日はなんと地下足袋!なんか羨ましい。日本に行って脚絆などの本格的な植木屋衣装を購入したいんだとか。う~んマニア。良いね。

なんかここんとこ調子に乗って続々植物を家に招いているが、良いのか?本当に大丈夫なのか?でも、滅多にこんな機会は無いし、やってみる事にした。

まずは3種類の木の中から自分のを選ぶ。先生曰く、これから10年以上付き合っていくかもしれない木だから、木と自分の相性が合ってなんかピンと来るものがあるものを選びましょう、と。赤い糸っちゅーやつですかな。お見合いのようね。まずは色々見てみましょう、H先生が用意してくれたチョコレートム-スとお茶でも飲みつつ。

みんなどんどん選んでいっちゃうので少々焦る。
しかし、私もほどなく自分のを選べた。

こちらの方と付き合っていくらしい。
minbonsai300.jpg

それぞれの木について、育て方や説明を書いた紙をH先生が配ってくださった。
説明書によると、私はSageretia theezansという木を選んだらしい。そして、日本語だとどうやらクロウメモドキというらしい。ウメ的な何かのようです(ほんとに乏しい知識)。盆栽だと結構普通に使われる木らしいですが。でも何かピンと来ない。
例えるなら、フェンネルってなんだろう?と調べてみたら「和名:ウイキョウ」と出てて、余計分からねえ!と、混乱する感じ。しかも”モドキ”って何?ウメの一種じゃあないのかい、なんか可哀想じゃないか。よしよし、家においで、仲良くしようね。

先生によると、この木は、土をしょっちゅう湿らせてあげる必要があるのと、葉の剪定をまめにしないといけない、初心者向きだけど手をかけてあげる必要がある、との事。過保護タイプの鉢植えキラーの私にはむしろピッタリ。この方を選んで良かったかもしれない。

さて、まずは木の正面と背面を決める。そして植え替え。元々入っていた鉢から取って、新しいものに替える。
木の正面を選ぶ時は、木と対話しながら。手入れをする時も、常に木と対話しながら行う事が重要である、と先生。
対話か~苦手だな~。人間の夫にさえ、「まいまいさん、会話はキャッチボールだよ」と言われるし。

盆栽が枯れてしまう原因の多くは、古くて悪い土が根についたままになっている事だそう。なので、まずは根から元の土をきれいに取り除く。みんな猿になってせっせと取っている。でもあんまりガツガツ掘ってはいけません。「恋人に接するように優しく」(BY H先生)
jord300.jpg

鉢に植える時は、根が安定するように土がしっかり固くつまっていないといけないらしい。割り箸やら手やら、その他色々道具を使ってぎゅっと詰める。
周囲もぎゅーぎゅーやっている。
bonsai200andre.jpg

固くって、どんだけ?と不安になっていると、不安オーラが出ていたのか先生がすぐ来てくれて、「まいまいさん良いですね、完璧です」。そして、「みんなちょっとまいまいさんの見て~これくらい土を固く詰めてね~」と呼びかけ。みんなが、ちょっと触らせて~と来る。
私模範生。えへん。やっぱ日本人だもの。血に入ってるね盆栽の心が、と自画自賛。もう木があったら登りたい気分(盆栽よりもうちょっと大きいやつな)。

そんなこんなで無事入れ替えは終了。次は剪定です。なにやらどこを切ったら良いのか分からんが、先生に聞きながら、思い切ってざくざくいってみた。要は、春に新芽が出て来やすいようにしてあげれば良い訳だ。

食堂でやってたので、色んな子達が入れ替わり立ち替わり見に来る。剪定中の私の盆栽の写真も撮ってくれた。

ざくざくいかれてる私の盆栽↓
bonsai300klip.jpg

隣に座ったMちゃんと「植物枯らしちゃう話」で盛り上がりながら時間は過ぎていく・・・。
ワークショップ終了後は、もちろんみんなで片付けを。
efterbonsai250.jpg

こうして、我が家にまた新しい仲間が加わったのでした。
minbonsai250efter.jpg



ちなみに、他の子達の盆栽もそれぞれとっても良いです。1つご紹介します。
テコンドーの先輩、Kくんの盆栽。すでに小さい可愛い花がついていて、女子から特に人気。

いいじゃーん、いい感じに出来てるじゃーん。
「俺、木と対話したからね。」
ksbonsai300.jpg




スポンサーサイト
この記事のURL | 日常生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<快適!バス生活 | メイン | この言葉でスッキリ!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kekkoumori.blog28.fc2.com/tb.php/33-1e85043a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。