スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
違いのわかる猫。
- 2013/01/21(Mon) -
寒いです。雪です。

クリスマスは雪から免れる事ができ、このまま春まで雪無しでお願いしますよ!(誰に?)と思っていたのですが、ここ数週間急に冷え込み、毎日必ず雪が降っています。ここ数日は積もる雪。もうホントに勘弁して頂きたい。

家から歩いて5分の学校も行きたくないよ!(出社拒否)
デン人が家の内装に凝る気持ちが良く分かる。だって外でたくないもんね。
それでいつもいる家の内部を快適にする為に内装に凝るんですよ。
そしてますます引きこもりですよ。

うちは吹き抜け部分があるせいか、1階が寒い。暖房をつけていてもあまり暖まらないようである。
しかもつい最近直してもらうまで裏庭へのドアが傾いでいてすきま風が入っていた。
(その他にも色々?な箇所がある。多分これ、いわゆる欠陥住宅だと思いますよ。)

滞在中の猫も日々ますます丸く。まるで大きなおにぎりか円座のような形に。
私も1階の居間でテレビを観る時は、IKEAで買ったフリースの膝掛けを巻いていたのだが、全然暖まらない。
薄いんだよ!小さいし!っていうか元々これ赤ちゃんのおくるみ仕様だし!当然の寒さである。

ふとある日、以前お土産で頂いた羊毛100%の織り物の毛布をしまっておいた事を思い出し、衣装ケースから出して来た。去年の冬はそこまで冷え込まなかったので出さなかったのでした。

この毛布がもう、膝に掛けて数秒後、もうほっかほかに暖かい。保温力が素晴らしい。
「なんでこれ忘れてたんだろー 今までの我慢大会ナニ?」というくらい。

羊毛というだけで(いや、きっと良い品物を下さったんだと思いますが)こんなに保温力があるのかという感じ。すごいな羊って。ちょっとごわごわするけど、この毛布をかぶっていれば無敵。そして、なんだか牧場を思い起こさせる獣の香りがする。

うちの御猫様も気に入ったようで(匂いも動物っぽいから好みなんじゃないか)、ゴロゴロ言いつつ毛布を掛けた膝の上から降りない。寝る時に畳んでソファに置いておいたらその上で寝ていた。
(猫毛が布団に付いて欲しくないので、うちの猫は人間が寝る時は居間で寝るようにさせています。)

猫には贅沢すぎやしないか?と思い、次の晩は上に乗られないように毛布をソファの背もたれに掛け、代わりにIKEAのフリースを置いておいた。これで十分でしょう。あなた毛皮あるし。
だが、朝起きて居間に行くと彼女はきわどいバランスで背もたれにかかる毛布の上に丸くなって眠っていた。こんな狭い幅にあんた・・・。どんだけ?

やはり猫にも良い品物の違いが分かるらしい。
・・・っていうか寒いのほっといててごめん。

それからはいつでも座れるようにしました。
nyauld.jpg
「こちらが、今回登場した毛布でございます。」

ご飯とトイレ以外は大抵どっかりこの上に。我々がこの毛布を膝に掛けている時だけ膝に乗ってくる。
しかも猫の甘える仕草の前足フミフミもこの毛布の上だけでしている。ちょっとショック・・・。毛布に媚びてるなんて・・・。
膝に座りながら私を睨みつけて(強面です)フミフミしてくるのが楽しみだったのに・・・。もう私は必要ないの?私はただの給仕とトイレ掃除係?

そうか、ずっとこれまで膝に乗ってきてたのは懐くより寒かったからだったのかも・・・私は気づきたくなかった事実を知ってしまったのであった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日常生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。