スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一時帰国3 その他もろもろ
- 2011/07/30(Sat) -
今回の旅のおまけ、
ちょっと良い話。(個人的にはな)

今回はオーストリア航空でウィーン経由で帰る事にし、
ウィーンでザッハトルテを食べよう!というのも、目的の1つにしていました。
ベタです。

空港からは直通電車で15分で中心部まで出られます。
なんか駅前工事中で雑然としています。

色々見て回るも、喫茶店ぽいところが無い。
しばらくあちこち見て回って、ようやくお菓子屋さんを発見。
明らかにチェーンぽいが、ここにはザッハトルテありそう。

入り易い感じだし、悪くないよ、きっと。
あまり時間も無いのでそこに決めてみました。

メニューを見ると、ザッハトルテあった!!
もちろん注文します。夫はウィーンコーヒーなるものも注文していました。
oestrig2.jpg


そして・・・待ちに待ったザッハトルテ出てきた~。


はい、じゃ~ん!
oestrig.jpg
えーと・・・うん。こういうものだったはず、形は。

いざ出てきてみて、こちらの期待が大きすぎた為か、ちょっと微妙な気持ちになりました。
夫も同じ事を思ったようで、2人してしばし固まる。

楽しみにしていたザッハトルテは、ちょっと乾いていました。(不味くはないです)

そこで夫。
「あえてウィーンで食べなくても良かった感じだよね」
ぎゃん!それは心に秘めていて欲しかった!

まあ、”ウィーンでザッハトルテを食べた”という経験にはなったから良し!
ちなみに、夫の頼んだウィーンコーヒーは美味しかったようです。



それからもう1つ。
学生時代のお友達のお家に夫とともにお邪魔しました。
お昼ご飯にお寿司やサラダ等、美味しい物をたくさん作ってくれた彼女。

しかし、息子ちゃんが最初夫を怖がりパニックに。少し落ち着いてからも自分のお部屋から出て来ず。
どうなることか・・・と思ったけど、徐々に距離を縮め、最後は2人でキャッチボールしたりする仲になっていたので一安心。

それにしても、すごく頭のいい男の子でびっくりした。3歳なのに自分の名前は漢字で理解出来ているらしいし、ひらがなはマスター、カタカタもほとんどマスターしている。地理や電車の路線・駅なんかも詳しくて、色々教えてもらった。

自分3歳の時、こんな賢くなかったよな~、とますます感心してしまう。

そして、私がツボだった彼のおもちゃ。
ひらがなの勉強が出来るの。
その文字のボタンを押すと、その文字が使われている単語も発音してくれる。すげー便利。

でね、「さ」さかな、とか「ぬ」ぬりえとかある訳ですよ。


・・・「ち」。
chikuwa2.jpg
「ちくわ」って。

そんなに練り物重要か?
でも、確かに「じゃあお前考えてみろ!」と言われたら良い名詞が浮かびませぬ。穴場の「ち」。
この知育玩具の制作者の苦悩が垣間見える。

「ち」をあえて私の為に押してくれる彼。キュンと来た。
3歳児にしてサービスの心が。なんて素晴らしい。
chikuwa1.jpg


今回は自分が体調を崩してしまったこともあり、
会いたかった方全員にはやっぱり会えませんでした。
でも、それはまた次回の楽しみに。

やっぱり年に1回は帰りたい。来年も帰れるように、頑張ってお金貯めるぞ~!!



この記事のURL | 非・日常生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。