スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
油断禁物ですぞ!
- 2011/06/19(Sun) -
久々の森の話題です。

実は、最近初めてマダニに喰われました。
とは言ってもかなり自業自得です。

「これだけ周りがいっぱい喰われてる中で私は刺されないんだから、きっと大丈夫だー」と意味の分からない自信により、散歩の時に素足に履き口の大きく開いたスリッパのような靴で出掛けてしまったのです。

一応帰ってきて、全身チェック。大丈夫。ほっ。

次の日の朝。ふと、気づいた。
なんか足の甲にほくろ・・・?いや、何故かほくろが3D。
いやああああー 刺されたーーー!!
昨日ちゃんと見たつもりだったのにいい!!
私の皆勤賞がー!!(意味不明)

マダニは付いてから出来るだけ早く取らないといけない(でも24時間以内だったら大体大丈夫らしい)と聞いていたのと、朝早くから急ぎの用事があったため、焦る。
なんでよりによってこんな時にマダニ!遅刻しちゃう!!

とっさに「お願いします!」と夫にお願いするも、えーと、うーんと、とピンセットを構えて照準を合わせてくれた挙げ句、「この位置無理」と言われてしまい、やっぱり自分で取ってみました。

(今考えると、夫も寝起きだったせいか、謎な体勢で取ってくれようとしてた気がする。しかも、用事なんて数時間だし、終わってから落ち着いて自分で取っても良かったかもしれない。まあ、後悔先に立たず。)


時々生徒の子についたのを取ってあげてるし、今まで失敗した事無いからきっと大丈夫。これもまた妙な自信。
でも、自分についたのを取るのと、他人についたのを取るのとは、やはり勝手が違う。

嫌な予感がしたけど、取れた奴をよくよく見ると、
やっぱり・・・頭が無い。ということはまだ私の足に口が残ったままっちゅーことだ。

マダニは取り方にコツがあり、下手にぐいぐい引っ張ると、噛み付いた(吸い付いた?)口器の部分がブチッと取れてしまうのです。しかも、体をぎゅっと抑えてしまうと、病原菌を含んだ体液がこっちに逆流してくる可能性があるので、危険。残った口器の部分も後々膿んでしまったりすることもある。

日本だと、「自分では触るな。すぐ病院に行け」っていうのが通説らしいけど、こっちじゃ病院行くのって予約入れないといけないから面倒だし、よっぽど腫れてるとか、でかい!ていうんじゃない限りはマダニくらいで早々行くもんでもない気もしている。(実際、学校の他のみんなも自分で取ってるし。)
夫は病院に行った事が生まれてから数えるくらいしか無いようなので、参考にならず。(良い事ですけどね)


肉眼ではくちばし(あえてそう呼ばせて頂く)は見えないくらい小さいし、今のところ創部に発赤・腫脹は見受けられませぬ。要観察だろうが、多分今無理して取る必要は無いだろう。
でもー!体の中にまだやつがいるかと思うと憎々しい。(でも、実は自分のせい)

用事を済ませて帰宅してから。
憎々しくてたまらない私は・・・


ルーペで見ながら、針で掘ってみました。
でも針先よりも小さいくちばしなので、ひっかかるけれど取れず。
あきらめきれずにぐいぐいやってしまったが、結局取れる事は無かった。
ナイフも考えたけど、自分じゃ出来ない。痛いのやだし。

目と手がへとへとになって、ようやくあきらめがつきました。
まあ、森の思い出ってことで、くちばしと一緒に暮らしていくことにしました。


森を甘く見てはいけない。
皆さんもお気をつけ下さい。

焦ってる時にマダニは取るな。そして、森に入る時は靴下と靴はちゃんと履こう。(お前がな)


後日談:結局、自分の安心のために、病院(クリニック)の先生に相談しました。そしたら、「あら~掘っちゃった?小さいのは口やら足やら残っちゃってもそんな心配しなくて大丈夫。まあ、一応気をつけて見とく必要はあるけど、わざわざ掘る必要は無いわよ~(笑)」と言われた。やっぱり堀り損。ぎゃふん。
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。