スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
そして、今回もラーメンは食べられなかった。
- 2011/12/09(Fri) -
語学学校のテストの合間の修学旅行引率、
今回は今までで初めて新宿で迷子が出る等(しかも複数回)
予想外イベント盛りだくさんなツアーで、引率した甲斐がありました。

ツアーで訪れる所は毎回ほぼ決まっているため、前回と特に変化はありません。
でも、なんだか今回のメンバーは一言で表すなら「不安」。
最終日まで毎回「目的地までいくら?」「どれくらいかかるの?」の質問攻め。
この質問が多かったのは初めてです。
落ち着きなされ。若人よ。

そして、”食べ物はマック”、”飲み物はコーラ”率が異様に高かった。
もちろん強要はしないけど、せっかく外国に行ったのにちょっと勿体ないな~と思う引率者。

でも、最終日には「帰りたくない!」と言ってる子もいたりして、
みんな満足してたようで良かった良かった。
こっちも回を重ねるごとに色々新しい事を学びます。


今回の面白かったもの。
都庁展望台に登った際、化粧室にて。
tochou.jpg

なんとも言えない感じですが、こういう注意書きが貼られてるって事は、
やっぱり前例があったからな訳で・・・。
ちゅーか、かえって難しくないだろうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | 非・日常生活 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
秋休みです
- 2011/10/22(Sat) -
今週は一週間秋休みで、語学学校がありませんでした。
うちの学校は通常授業だったので、お手伝い等はそのままやっていたのですが、
基本的にだらーっとしていました。ほんとにだらーーーっとしていました。
ブログも更新していませんでした。すみません。

そのまま週末になったので、引き続きだらーっとしています。

小学校の頃、春休み、夏休み、冬休みはあるのに、なんで秋休みって無いんだろう・・・とすごく残念で、秋休みのある生活を夢見ていたのですが、数十年経ってその夢が実現されました。


秋休み突入の直前の週末に、テコンドーの先生と、うちの学校の同級生だった友達と3人で、
デンマークに来て初めて「まわる寿司」を食べに行きました。
先生の車にのせて頂き、30分くらい離れた大きな町にある中華料理&寿司のレストランです。
しかも食べ放題です。いえーい(こないだ胃潰瘍やったばっかりなのに)。

sushi1.jpg
デンマークのまわる寿司、日本よりすごいかも!上段は暖かいもの(春巻き、ごま団子等)、下段は寿司や海藻サラダ等が回っています。
そして、引き戸になっているので、乾燥しなくて良いですね。
引き戸式、日本も導入したら良いのに。

この他、中華料理のビュッフェやwok(好きな食材を自分で選び、厨房に渡すと炒めてもらえる。)や、アイスクリーム(8種類くらいから好きに選べる)もあり、素敵でした。

なんか目に入って取ってみた。たくあんかと思ったけど、何か違う。
上に乗ってるの、何だと思います?
(齧りかけでスミマセン。)
sushi2.jpg
マンゴーでした。新しい出会い。
この記事のURL | 非・日常生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
一時帰国3 その他もろもろ
- 2011/07/30(Sat) -
今回の旅のおまけ、
ちょっと良い話。(個人的にはな)

今回はオーストリア航空でウィーン経由で帰る事にし、
ウィーンでザッハトルテを食べよう!というのも、目的の1つにしていました。
ベタです。

空港からは直通電車で15分で中心部まで出られます。
なんか駅前工事中で雑然としています。

色々見て回るも、喫茶店ぽいところが無い。
しばらくあちこち見て回って、ようやくお菓子屋さんを発見。
明らかにチェーンぽいが、ここにはザッハトルテありそう。

入り易い感じだし、悪くないよ、きっと。
あまり時間も無いのでそこに決めてみました。

メニューを見ると、ザッハトルテあった!!
もちろん注文します。夫はウィーンコーヒーなるものも注文していました。
oestrig2.jpg


そして・・・待ちに待ったザッハトルテ出てきた~。


はい、じゃ~ん!
oestrig.jpg
えーと・・・うん。こういうものだったはず、形は。

いざ出てきてみて、こちらの期待が大きすぎた為か、ちょっと微妙な気持ちになりました。
夫も同じ事を思ったようで、2人してしばし固まる。

楽しみにしていたザッハトルテは、ちょっと乾いていました。(不味くはないです)

そこで夫。
「あえてウィーンで食べなくても良かった感じだよね」
ぎゃん!それは心に秘めていて欲しかった!

まあ、”ウィーンでザッハトルテを食べた”という経験にはなったから良し!
ちなみに、夫の頼んだウィーンコーヒーは美味しかったようです。



それからもう1つ。
学生時代のお友達のお家に夫とともにお邪魔しました。
お昼ご飯にお寿司やサラダ等、美味しい物をたくさん作ってくれた彼女。

しかし、息子ちゃんが最初夫を怖がりパニックに。少し落ち着いてからも自分のお部屋から出て来ず。
どうなることか・・・と思ったけど、徐々に距離を縮め、最後は2人でキャッチボールしたりする仲になっていたので一安心。

それにしても、すごく頭のいい男の子でびっくりした。3歳なのに自分の名前は漢字で理解出来ているらしいし、ひらがなはマスター、カタカタもほとんどマスターしている。地理や電車の路線・駅なんかも詳しくて、色々教えてもらった。

自分3歳の時、こんな賢くなかったよな~、とますます感心してしまう。

そして、私がツボだった彼のおもちゃ。
ひらがなの勉強が出来るの。
その文字のボタンを押すと、その文字が使われている単語も発音してくれる。すげー便利。

でね、「さ」さかな、とか「ぬ」ぬりえとかある訳ですよ。


・・・「ち」。
chikuwa2.jpg
「ちくわ」って。

そんなに練り物重要か?
でも、確かに「じゃあお前考えてみろ!」と言われたら良い名詞が浮かびませぬ。穴場の「ち」。
この知育玩具の制作者の苦悩が垣間見える。

「ち」をあえて私の為に押してくれる彼。キュンと来た。
3歳児にしてサービスの心が。なんて素晴らしい。
chikuwa1.jpg


今回は自分が体調を崩してしまったこともあり、
会いたかった方全員にはやっぱり会えませんでした。
でも、それはまた次回の楽しみに。

やっぱり年に1回は帰りたい。来年も帰れるように、頑張ってお金貯めるぞ~!!



この記事のURL | 非・日常生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
一時帰国2 袖振り合うも多生の縁
- 2011/07/29(Fri) -
帰ってきてここんとこ、雨や曇り空の多い、夏っぽくないデンマーク。
ちょっと爽やかに青空出ないかしらー、と夏っぽいレイアウトにしてみました。


もう1つ、今回の旅行で特筆すべきは、ハチミツ屋さんのかき氷です。

実は、色々なブログで紹介されている有名店らしい。
蜂蜜専門店「花めぐみ」さん。

色々ご馳走になったし、写真を頂いたり良いお話も聞かせて頂いたので、こんな事で恐縮ですが宣伝したいと思います。(でもこんな細々とやってるブログなので、宣伝効果はかなり不明・・・イタい。ハチミツ好きで、割りと近くにお住まいの方、是非行ってみて下さい。)

この日は夫と別行動。
用事の帰り、あまり良く知らない街をふらーっと歩いていた途中に、「氷」ののれん。
hachimitu0.jpg

お昼時でお腹もすいてるから、もっとお腹に溜まる物が良いけど・・・。
でも、まだ日本でかき氷食べてないし。
お店には「はちみつ専門店」とある。はちみつ大好き。気になる。やっぱり食べよう。

シロップに蜂蜜が合わせてあるらしい。4つくらい種類がある。
みんな美味しそうでどれにしようか迷っちゃう。散々迷って「夏みかん」を選んだ。「抹茶&小倉あん」も捨てがたかった。

お店の外に椅子と小さなテーブルがあり、そこでかき氷を食させて頂いた。
hachimitu1.jpg


この暑さもあり、のどが癒される。そして、なんて美味しいんだ!
はちみつの甘さが胃にしみる。血糖値が上がるのが分かる!元気になってきた!!(そんなに腹へってたんかい)
しかも、氷は天然氷らしい。氷自体も美味しい。
今回、行きたかったかき氷専門店には遠くて行けなかったけど、ここもすごく美味しい!!

なんかもう、美味しくて涙出てきた。暑さと普段食べられない物という感動も重なってなのかもしれないけど、1人ぐっすん、とかき氷を食べ続ける。ああーこの感動を誰かに伝えたい。美味しすぎて店先で暴れてしまいそう(危険)。

住宅街でそこまで多くはないとは言え、通りすがりの方々が見ていかれる。特にすごい露骨に暑そうなスーツ姿の兄さんとか、ホント申し訳ない。
この平日の真っ昼間に、良い大人がだらーっとかき氷なんぞ喰ってるのは申し訳ない。
でもね、私は今休暇なのです。許して。
・・・と心の中で言い訳。

まだ美味しさの余韻を感じつつ、お店の中に「ゴミを捨てさせて下さい」と再度入る(感動しつつも厚かましい)。店内には、私と同年代くらいの男性が一人。かき氷を買おうとしている所だった。「夏みかん、オススメですよ~」と、聞かれてもいないのに話しかける。なんだこのおばちゃんは。

そこに、
お店のご主人と思われる方が出てきて、「美味しかったでしょ~。こんなに透明な氷なんだよ。」とさらに氷を削って下さった。しかも、さっき食べようか迷っていた抹茶のシロップまでかけて下さった。なんて有難い!!
hachimitu2.jpg


ほくほくで、また外の椅子に戻る。中でさっき買ってらした男性も来た。
ご近所の方なのか、「ちょっと時期は遅いんだけど、梅シロップを作ろうと思って~」と、蜂蜜を買いに来られたらしい。
梅シロップかー、良いな~。うちの方には梅無いもんなー。

今住んでる所に比べ、東京では人とのふれあい(家族とか友達以外の)が少なく、ちょっと人恋しくなっていたので、「初対面なのに悪いな~」と思いながらも、ついつい色々話してしまった。

抹茶のかき氷もやっぱり美味しい。幸せだ・・・。
hachimitu3.jpg


お喋りしている所に、お店のご主人もいらっしゃる。
色々お喋りしてて、このお店の別の名物の「ハチミツ焼き」というのも買いたくなり、小倉あん入りをお願いした。そしたら、クリームチーズ入りのもサービスして下さった。
hachimitu4.jpg


小豆の産地やハチミツとの相性、甘さなど、細かい所までこだわって作られているらしい。生地にもハチミツが使ってあるけど、さらに別がけでハチミツが付いてきます。卵もふんだんに使ってあるそうで、生地フワフワ。通常の大判焼きとは全く違う食感。もっとカステラみたい。やばい、これも美味しい。

江戸っ子らしいご主人。
自分はこっちに来る前下町に暮らしていたので、なんだか懐かしい感じ。なんとなく話し易くて、冬は寒すぎだし、そして自分の好みにあった美味しい物があまり無いデンマークの愚痴をついついこぼしてしまった。

するとご主人、「その場の状況を楽しめないのは、要は~、頭が悪いんだな」と仰る。
この間の坊主バーの「夏あつい 冬さむい」を思い出した。
う~ん。おじさん、確かに私もそんなに自分は頭は良くない気はしていたよ。精進します。

やー、なんとなくかき氷につられて入ったお店で、結局長居してしまった。お腹いっぱいになって、お昼食べるのすっかり忘れた。

次回の帰国時にまた行くのが楽しみです。
今度は誰か誘おう。他の味も食べてみよう。

この日は他にも良い人に会える事が続き、ラッキー。なんだ、都会でも人とのふれあいって結構あるじゃん!とか再確認した良い日でした。

一緒にかき氷とハチミツ焼きを食べつつ、私のお喋りに付き合って下さったお兄さんの梅シロップが上手く出来ますように。
この記事のURL | 非・日常生活 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
一時帰国1 Bar2軒
- 2011/07/28(Thu) -
ご無沙汰しております。
今月始めの一時帰国から帰ってきて、放心状態でした。

暑さを覚悟していましたが、実際かなり暑かった東京。
着いて一週間目でばててしまいました。
でも、久しぶりにお友達や、結婚後の披露宴代わりの食事会で久々に親戚や家族に会えたり、かき氷のおいしさを実感したりと、中身の濃い旅行でした。

それにしても、電車の人身事故の多さにびっくり。こんなだったっけ?
乗っていた電車が急に止まり、突然の出来事に「振替輸送」というものが良く理解出来ず、歩いた方が早いと思って目的地最寄りの別の駅まで歩いていってしまった事もありました。
やはり慣れない事が起こると人間何をするか分からないものですね。(自分でやったくせに)

さて、今回は、夫に連れられて初めて行った2軒のお店が、これまた今後のお気に入りになりそうなのでご紹介してみます。
しかし、どこで見つけてくるんだ、こういうの。夫よ。

2軒ともかなり楽しんでしまい、残念ながらあまり良い写真がありません。

1軒目。
四谷にある「Vowz(坊主)Bar」。お坊さん(主に浄土真宗の方だそう)が店員さんのバーです。
雑居ビルの2階。

お店の中にはお仏壇が。天井にも曼荼羅(?)と思われる絵が飾ってあります。
bouzbar.jpg


すっごい狭いので驚き。お友達(というか恩師?)も誘っていたので、もうちょっと広い所のが良かったかな?と思ったけど、でも、このこじんまり感が良かった。体の大きなデンマーク人にはちょっと気の毒。

デンマークのSvanholm(有機栽培の先駆け。自給自足のコミュニティ。詳しくはネッツで調べて下され。)に滞在したことがある、というお坊さんがその日いらして、不思議な縁を感じる。

うちの夫は禅宗のお坊さんと「大乗仏教」「小乗仏教」や禅思想について熱く語らっていた。何者だお前は。知り合って10年近くなるが、夫の新しい部分を見た。そう言う意味でも印象深いBarでした。

時間が遅くなるにつれて、店内がどんどん混んでくる。お坊さんの説教を聞きたくて来ている感じの人も多そうな印象。

お手洗いのところに飾ってあった、「夏あつい 冬さむい」という言葉がぐっときた。これを心に留めておこう。きっとこの先支えになる気がする。用を足しつつ、決意した私。

2軒目。
新宿にある「8bit カフェ」。”8ビット”と聞いてピンと来た方、是非行って下さい。
ファミコン世代の方は特に、かなり楽しめると思います。


ここも雑居ビルの5階にあります。ちなみにエレベーターはありません。
閉所恐怖気味の私には狭い階段を上がっていくのがちょっと怖かったです。
そして、階段は最初から飛ばし過ぎてはいけません。足取りはゆっくり。
そしたら上まで同じペースで登れます。
前回修学旅行の大山登山で学んだ事です。

中に入ってみると・・・
初めて来たのに、なんかいつも遊びに来ていたかのようなアットホーム感!!なんだこの安心感は。
そして、好みのピコピコ音BGM。すごく居心地良い。
店内のディスプレイも必見。懐かしさ山盛り。

コースター。お店の手作りかしら。
8bit.jpg

メニューもとっても魅力的。でも、まずは取扱説明書を読んでから。
是非かたっぱしから頼んで頂きたい。

常連さんがすごく多いようです。すごく分かる気がします。

お店のオリジナルTシャツを思わず買ってしまった。
ここも、次回また是非来たいお店です。

ファミコンも出来るよ(でも、譲り合ってね)。
8bit2.jpg

どちらもちょっと見つけにくい場所にありますが、オススメです。
この記事のURL | 非・日常生活 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。