スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
キモカワ切手
- 2013/02/03(Sun) -
郵便料金がまた値上がりしました。今やはがき一枚出すのに2年ちょっとの間で75円くらい増。日本への郵便は一番高い料金帯にあたるので、手紙好きの私にはちょっとキツいです。

さて、お手紙というとどんな切手が貼られているかも楽しみですよね(私だけ?)。日本国内でも最近記念切手とか今色んなの出てますね。私も以前「ベルばら」記念切手を日本の友人からプレゼントしてもらい、嬉しかった記憶があります。他にもキティちゃん切手とか、色々出てましたよね。

料金が新しくなってから初めて郵便局に切手を買いにいったところ、これでした。
あまり鮮明な画像じゃなくてすみません。
unagi.jpg
にょろっとウナギ!可愛くない!
「お魚シリーズ」のひとつだそうです。他にはタラやカレイなどがありました。(タラ切手は結構グロかった)

他の料金のには色々カラフルだったりお洒落な柄があるのに、がっかり。
夫にも話してみたが「いいじゃん、ウナギ美味しいじゃん」と理解されず。
美味しいけども!

・・・手紙を書きつつ、しばらく眺める。
まあ、最初はうわっと思ったけど、シンプルなシルエットだしすべすべしてて意外と可愛いかも。そういえば、今年の干支に似てなくもないですね。

私が考え過ぎなだけかもしれません。
スポンサーサイト
この記事のURL | デンマルク | CM(6) | TB(0) | ▲ top
急に夏日になりました
- 2012/05/28(Mon) -
一週間前のコートを羽織っていたのが嘘のように急に夏日になりました。
Tシャツで動き回れるのが軽くて嬉しいですが、紫外線もかなり強いので日焼け止めは必須です。
(でもベタベタするから塗るのすごい嫌い。)

かなり典型的なデンマークイメージの風景があったので撮ってみました。
sommer.jpg
この記事のURL | デンマルク | CM(3) | TB(0) | ▲ top
日本食どうでしょうinデンマルク。
- 2011/10/24(Mon) -
先日寿司ネタだったので、それに引き続いて、です。

デンマークにいて、日本食ってどれくらい食べられるのか、と聞かれる事があります。
お住まいの地域にも寄ると思いますが、うちの場合は・・・

近所のスーパーで豆腐が売られている事がたまにあるので(紙パックになってるやつ)、それでお味噌汁が作れます。でも、冷や奴には美味しくない豆腐。他に簡単に手に入るのは醤油(ちゃんとキッコーマンとかの)と枝豆(冷凍で日本からの輸入品)でしょうか。
あとは、これもスーパーに売られているというナメコとしいたけの瓶詰めを頂いたりした事もあります。大根やもやしもあったりするようですが、うちの方ではまれで、しかも見つけても鮮度に不安を感じる見た目なので、まだ購入した事はありません。お友達の中には、大根やごぼうや春菊等、自分で作ってらっしゃったりします。

自然・健康食品屋さんにも最近は味噌とかひじきとか売ってたりします。コペンなど大きい街へ行くと、アジア食材屋さんでラーメンやカレールー、ソース等の日本食材も扱っていたり、日本食材屋さんがあったりします。納豆も買えます。

あとは、日本で「切り落とし」とか「しゃぶしゃぶ用」みたいな薄さのお肉は売られていないので、自分でスライサーで切ったりしてらっしゃるようです。(お肉屋さんで頼めるとも聞いたことがありますが、本当?誰か教えて。)
ノルウェーサーモンとかの印象が強いので、「さぞお魚も美味しいでしょう」とか言われたりもしますが、意外と種類は限られ、しかも生で食べられるのも限られてしまう印象があります。

寿司は近年ブームなのか、ものすごくたくさんレストランが出来ています。またスーパーでも寿司パックを売ってたりします。その他の日本食を食べられる和食レストランももちろんコペンにはたくさん出来ていると聞きます。でも、やっぱりそこまで行く事や値段と味、種類を考えると私ら夫婦にはなかなか手が出ません・・・。
まだこちらでは(日本人経営の)日本食レストランに行ったのは、お友達にコペンの美味しいお寿司屋さんに連れて行ってもらった1回きりです。(ほんと美味しかった。また行きたい。そして皆さんにオススメしたい。)

そんな中、スナック系のものは割りと手が出易いです。ポッキーとかね!

ひと月かふた月くらい前、コペン大でブラジルと日本についての講演があり、語学学校の友達に誘われて久々にコペンに行って来ました。

帰り、お腹もすいてて、でもコペンで1人カフェとかあんまりお金のかかる事はしたくなく、なんとなくふらーっとアンデルセンへ入ってみた私。
アンデルセンってあの日本にあるパン屋さんチェーンです。1年前くらいにぽっと見つけた。
多分逆輸入ならぬ逆出店だと思いますが、それにしても、アンデルセン、チボリのわきの中央駅真ん前にある。すごいとこに店を構えたなあ。やるなあ~(←すごい偉そう)。

お店の中のものは日本とはちょっと違って、品物もシステムもこっちの普通のパン屋さんとさほど変わりません。
でも、毎週土曜日にはあんぱんが売られているというのです。これは嬉しい。
(ちなみに春にある「コペンさくら祭り」にはアンデルセンも出店していて、あんぱんもあります。わーい。)

ここのアンデルセンにはちょっと思い出があるのです。
前回運良く土曜日にコペンに行けたことがあり、あんぱんを買おうとしたら、最後の一個。
それを、直前に並ばれていたご旅行と思われる日本人ご夫婦に買われてしまったという漫画のような辛い体験をした。旅行中でも慣れた味が恋しくなる事ってありますよね。うんうん。でも、「直前」って・・・「直前」って・・・。やりきれない。

もしコペンにご旅行に来られる方がいらっしゃいましたら、是非お願いしたい事があります。
アンデルセンに入ったら、目をギラギラさせてパンを見つめるアジア人が近辺にいないかどうか確認してみてください。そして、万が一それとおぼしきアジア人がいた場合は寛大なお気持ちで、どうかあんぱんを譲ってやって下さい。
(「簡単なんだから自分で作れ」とかどうか言わないでやって下さい。)

この日は平日だったためかあんぱんに期待はしなかったが、代わりにクリームパンがあった。クリームパンも作ってるんですね。
creampan.jpg
これよ、この形よ。やっぱりというかなんというか、最後の一個。


こちらで会う日本人の方やお友達は、みんな日本食材の代用品を探したりアレンジしたり工夫してらっしゃいます。そして、まだ日の浅い私は色々教えて頂いてます。

私も無い物ねだりでなくて新しい味を見つけてみようと思っています。
ワカメのタルトとかな(←自分の案ではない)。
この記事のURL | デンマルク | CM(4) | TB(0) | ▲ top
なんとも言えない・・・
- 2011/07/31(Sun) -
こっち在住の日本人のお友達が来てくれて、聞いた話。

なんだか良く分かんない新しいビザ取得の為のテスト、「移民テスト」廃止になったそうです。廃止って言うと語弊があります。全面的にではなくて、日本を含めた一部の国は免除という形に。

去年の10月だかにこのテストの受験を義務化するのが始まって、なんかこれからアメリカとか日本とか免除になるかも、という話はなんとなく風の便りで聞いてはいましたが!早いな~。

ちょ~うど変化の溝の中に入ってしまったばっかりに受験することになった私は、とっても損した貴重ね

それにしても、この目まぐるしく変わる移民政策。目まぐるしすぎ。
次の申請時には一体どうなってることやら。

みんな!今後も移民局から目が離せませんぞ!(次回予告風)
この記事のURL | デンマルク | CM(2) | TB(0) | ▲ top
欧米=土足っていうイメージでした
- 2011/04/02(Sat) -
今回はかなり偏見も入っておりますので、「違うよ!」と思われた方ごめんなさい。最初に謝っちゃいます

日本に住んでいた頃「欧米では家の中も土足で歩くんだ、汚ねえな・・・」と思っておりました。海外ドラマや洋画なんかで、靴のままベッドに寝転がる若者の図等を見て「うへえー有り得ねえ!」と思っておりました。

さて、デンマークに来てみて。あれ?玄関でみんな靴脱いでる?って感じ。なんだ、聞いてた話と違う。ちょっとほっとしました。

しかし、夫が家の中の階段に腰掛けて靴を履いていたのを見て、やっぱり玄関では靴を脱ぐ、という考えではないのかも、と再認識しました。

私の印象では・・・
どうやら、彼らの思考の中には”玄関(たたきのとこ?)だから靴を脱ぐ”というのではなく、”足が疲れるしリラックスするから玄関の辺りで(この”辺り”てのすごくポイント!)靴を脱ぐ”という思考回路のようです。あまり靴が家の中に上げるには汚いものという感覚は無いっぽい。
駄目だ~、やっぱりデンマークも欧米だったんだ~・・・がっかり。

一応うちも玄関マットがあるのですが、バリアフリーなので境界が分からないらしく、玄関から入って居間の手前辺りの廊下で脱ぐ人も多し。

うちにはうるさい日本人が居るので、「ちょ、ちょ、ちょっとその足待ったあ!!」と客を制止し、靴を脱がせます。だって森ナメクジ踏んだかもしれない靴とか、鹿や馬の落とし物踏んだかもしれない靴とか、本当にやなんだもん。

まだ私がこちらに来たばかりの頃、校長が夫に用事で家に来た時、油断していたら「へ~いい感じにしてるじゃない」とか言いながら普通に居間に靴のまま入って来ちゃった事がありました。
でもそこで、NOと言えない・権力には屈する私(別に「靴脱いで!」って言っても全~然構わないんだけど)。夫も校長が帰ってから「校長、靴で入って来ちゃったネ・・・」と何故か自分が申し訳無さそうにしていました。

だから土足厳禁の立て札でも作ろうかと思いました。テコンドーの先生のお宅も「靴脱がないと殴る(こわい)よ!」みたいなポスターが貼ってあるのを見ました。やはり思う事は同じだね。

靴のまま家に入ると私が牙を剥くので、夫もそのうち靴は玄関マットの上で脱ぎ履きするようになったのですが、
ある時、夫は職場に出掛ける際、ひも靴を履いた直後に何か忘れ物があったようでした。ひもをまた解いて靴を脱ぐのは面倒だ、でもそのまま入ったら妻は怒る。

そして夫は考えた末・・・
土足のままケンケンで忘れ物を取りに入ったのです。私は、苦しいなあと思ったのですが、「まあ、しょうがないか。あまり怒るのもね・・・」と許してしまいました。

これがいけなかった。

つい先日は「ぴょんぴょんぴょん」と言いながら普通に歩いて入ってきました。
・・・言えば良いってもんじゃねえよ!


駄目だ・・甘くすると元に戻ってしまう。
また土足厳禁強化週間を実施しようと思います。立て札もやっぱり作ろうと思います。
この記事のURL | デンマルク | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。